本文へ移動

施工現場から

    わたしたちの現場のことをお伝えしていきます
 
新栄重機土木株式会社では神奈川県や横浜市などの公共施設の工事を主に行っています。また各現場では、地域の皆様から工事へのご理解ご協力を得られるように、様々な工夫や取り組みを行っています。
私たちが一体どのようなものを造り、そしてどのような取り組みを行っているのか・・・などをここではお伝えしていきます。

施工現場から

新本牧ふ頭建設工事とは

2024-02-21
ケーソン
ケーソン(SHINEI南本牧現場より)
新本牧ふ頭
新本牧ふ頭位置
ケーソン
完成イメージ
ケーソン上層(SHINEI南本牧現場より)
新本牧ふ頭は最新鋭の物流拠点
完成したケーソン(SHINEI南本牧現場より)
 横浜にはいくつものふ頭があります。その中の一つに本牧ふ頭というのがあるのは、ご存知でしょうか?
 この本牧ふ頭のさらにその先に「新本牧ふ頭」が現在、建設されています。そして、この建設中の新本牧ふ頭にも、SHINEIの現場があります。

<新本牧ふ頭建設データ>
■工事期間:2020年着工/2028年完成予定
■場所:横浜市中区 本牧ふ頭沖合
■事業目的
 国際コンテナ戦略港湾としての横浜港の将来を見据え、コンテナ船の大型化や貨物量の増加うあ貨物量の増加に対応するため、大水深・高規格コンテナターミナルと高度な流通加工機能を有するロジスティクス施設を一体的に配置した最新鋭の物流拠点を形成するものです。併せて、公共事業などから発生する建設発生土を受け入れる役割も担っています。
■環境への取り組み
 新本牧ふ頭では、横浜港の水環境や多様な生物の生息に配慮し、生物強制型の護岸を整備します。この護岸では、本体となるコンクリートの箱(ケーソン)の壁面に、波を穏やかにするスリットを設け、上部は日が差し込む構造とし、中には自然石を敷いて、海藻や海生生物が生息する自然の岩礁を深さを変えて再現します。これにより海藻類が繁茂し、稚魚の成育や産卵の場としていきます。
(横浜市事業概要より)

【SHINEIの現場より~仕事内容】
 SHINEIはこの現場で、新本牧ふ頭建設で使用される「ケーソン」5函の製造をしました。新本牧ふ頭が完成すれば、このケーソンの上部を歩きながら広々とした海や大きな船、そして富士山を眺めることができるようになります。そしてさらには、海の生き物までも見ることができるようになります。(参考:完成イメージ)
 どんな景色と海の生き物たちを見ることができるようになるのでしょうか。
 横浜の新名所がまた1つ増える日が楽しみです。
  
※南本牧現場の写真などは、こちらから



一般国道1号(保土ヶ谷橋工区)改築事業とは

2024-01-21
保土ヶ谷橋
保土ヶ谷橋交差点
保土ヶ谷橋
騒音計設置(保土ヶ谷橋現場)
騒音計
SHINEI保土ヶ谷橋現場より
道路拡幅に伴って、保土ヶ谷橋が架け替えられる工事のことです
打設状況
SHINEI保土ヶ谷橋現場より
 横浜市内主要渋滞箇所の1つである保土ヶ谷橋交差点を含むこの工区において、現在の道路の拡幅及び交差点を改良することで、交通の流れを円滑にするための工事が行われています。それに伴い、保土ヶ谷橋の架け替えも行われます。
 この国道改築事業にもSHINEIの現場があります。

<一般国道1号(保土ヶ谷橋工区)改築事業データ>
■事業期間:平成21年度から令和9年度
■事業区間:保土ヶ谷区岩井町~保土ヶ谷町2丁目
■延長幅員:約800m
■計画幅員:25m
■車線数:5車線(上り3車線、下り2車線)
■整備効果
・交通の流れの円滑化と渋滞の解消を図ります。
・横浜港と市の内陸南部工業地域を結ぶ当該工区の渋滞解消により、物流の効率化が図られ、横浜経済の活性化にも寄与するものと期待されます。

【SHINEIの現場より~仕事内容】
保土ヶ谷橋下流側の「護岸整備」を行いました。鋼管杭を打設し護岸を整備する工事です。
 
※保土ヶ谷橋現場の写真などは、こちらから

【SHINEIの取り組み】
保土ヶ谷橋現場では、騒音計を設置しました。地域の皆様に現在、騒音がどれくらい出ていて、その大きさが規定値内であることをわかりやすくお知らせしています。また、騒音に対しての意識を持って、作業していることの表れでもあります。
この現場ではさらに、仮囲いにも工夫をしています。
その仮囲いへの取り組みについて、詳しくはこちらへ。



SHINEIの中途採用専用ホームページ
SHINEIの関連会社 株式会社栄企業 公式ホームページ
TOPへ戻る